「河野談話」撤廃を求める署名|新しい歴史教科書をつくる会

HOME > 「河野談話」撤廃を求める署名

●ご報告
新しい歴史教科書をつくる会は、平成25年9月10日に第一期分として30,867筆LinkIcon平成26年2月3日に第二期分として24,918筆LinkIcon、合計で55,785筆を安部総理宛に提出しております。

【第3期】「河野談話」撤廃を求める署名のお願い

平成25年5月28日の「緊急国民集会 橋下発言と『従軍慰安婦』問題の本質 ―政府は速やかに河野談話を撤廃せよ―」の集会決議により、「河野談話」撤廃を求める署名を募集いたします。ご賛同いただける方は、ご署名をお願いします。
★日本維新の会が主催し、行う予定の「河野談話」・慰安婦問題に関する署名活動と、近日中に連携体制を取る予定となっております。

内閣総理大臣 安倍晋三 殿

私たちは事実無根の「従軍慰安婦」問題を広げ〝諸悪の根源〟となっている「河野談話」の速やかな撤廃を強く求めます


いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐって、日本バッシングの風潮が世界的に広がっています。日本の慰安婦は代価を払わない「性奴隷」であったとか、「二十世紀最大の人身売買事件」だったとか、明らかに事実無根の言説がばらまかれています。アメリカの公共施設に朝鮮人慰安婦の像が建てられ、地方議会の決議も行われています。韓国、中国、アメリカにロシアまで加わって日本批判を展開しています。今や日本はこの問題で、四面楚歌ともいうべき深刻な状況に置かれるにいたりました。

このような事態がもたらされた最大の原因は、日本政府が、何一つ証拠がなかったにもかかわらず慰安婦の「強制連行」を認めたかのように読める「河野談話」を平成五年(一九九三年)に発表したことにあります。「河野談話」は、慰安婦の強制連行さえ認めればことは収まるという韓国側の誘いにのって、事実を曲げて政治的妥協をはかった文書です。しかし、結果は全く逆に、その後は「河野談話」が強制連行の最大の証拠にされ、教科書にまでに載るにいたりました。

日本国民がこのいわれのない侮辱に怒らなくなったとしたら、それは日本国家の精神の死を意味します。私たちは、どんなことがあってもこの汚名を私たちの子々孫々に負わせることはできません。「河野談話」の明確な撤廃なくして、日本の戦後は終わりません。その汚名をそそぐ第一歩として、日本政府に「河野談話」の速やかな撤廃を求めます。


●以下のいずれかの方法でご署名をお願いします。
▶フォームから送信する(推奨)


▶署名用紙をダウンロードする

クリックしてダウンロードし、ご記入の上、郵送原本「新しい歴史教科書をつくる会」事務所LinkIcon宛に送付してください。 → shomei_3.pdfLinkIcon

※第一期・第二期と書かれた署名用紙をお持ちの方は、そのままお使いください。期限が過ぎている署名用紙でも問題ございません。

【署名にあたってのご注意】
※第一期・第二期と書かれた署名用紙をお持ちの方は、そのままお使いください。期限が過ぎている署名用紙でも問題ございません。
※住所は番地まで全てお書き下さい。
※個人情報は事務局で適切に管理し、署名提出以外の目的では使用しません。
※署名に関するお問い合せは、こちらのメールフォームLinkIcon又は事務局まで直接LinkIconお問い合せ下さい。